砂糖が身体に及ぼす害と病気の可能性とは!?砂糖断ちが肩こり腰痛にも効果あり!?

ふだん何気なく口に入れている砂糖・・

これがあなたを悩ます肩凝りの真犯人か

も!?

甘党の方にはショッキングなお話かもしれ

ません。

sponsored link

砂糖=肥満のもと

 

というのはその通りですが、

『甘いものの食べ過ぎは太っちゃう!』とい

うのはまだ可愛い悩み。

実は砂糖というのはその味や見た目に反し

て数ある食べ物の中でワーストといってもよ

いほど毒性の強い食品なのだそうです。

 

今やスーパーに行けば白砂糖など簡単に

手に入りますし、人工甘味料たっぷりの

ジュースは自販機のボタン一つでたやすく

買うことができます。

 

「たしかに市販のジュースにはたくさん

砂糖が入ってるって聞くけどせいぜい入って

いて角砂糖5,6個くらいの話でしょう??」

 

いえいえ、そんな健全な量で済むならわざ

わざここに載せません。

 

たとえばこんな感じです↓↓↓

某メーカー『コーラ』 500mlの場合

        ↓

角砂糖約1520個分

 

某メーカー『オレンジジュース』 280mlの

場合


角砂糖約1015個分

 

某メーカー『スポーツドリンク』 500ml の

場合


角砂糖約1520個分

 

あの健康そうに見える野菜ジュース 

200mlでさえ、5個~10個近い量が溶け込

んでいるのだそうです。

 

しかも野菜ジュースについては、加熱処理さ

れている為、もともと野菜が持っていた栄養

素はその過程でほとんど飛んでしまっている

ものとみてよいかもしれません。

 

さらに酸化防止剤などの添加物も入ってい

ますので、丸の野菜をその場でジューサー

にかけて作るそれとは品質レベルにおいて

歴然たる差が生じます。

 

どうせ飲むならボトルウォーターのほうが

よっぽど健康的です。ちなみに、自販機や

コンビニで水を買うのならボルヴィックが

良いとのこと。

 

採水地から何の手も加えずにそのまま直で

ボトリングしている数少ない本物のナチュラ

ルミネラルウォーターなのだそうです。

 

ちなみに上で

某メーカー『スポーツドリンク』 500ml の

場合


角砂糖約1520個分

 

と書きましたが、夏の暑い日などは、大量の

汗をかく為、やはり十分なミネラルの補給は

大事になってきます。

 

特にポカリスウェットは飲む点滴と言われて

おり、イオン化されたミネラルやブドウ糖など

の栄養も入っているので、この時期の健康

維持の為には大いに役立つアイテムです。

 

なので、多少味は物足りなくなりますが、

ポカリで水分&ミネラル補給をしたいときは

ボトルに入ったままの原液を1/31/4

希釈して飲むことをおすすめします。

sponsored link


【なぜ砂糖はそんなに身体によくないの?】

では、砂糖はいったいどんな悪さをして

肩こりと結びつくのでしょうか?

多方面からリサーチした結果をわかりやすく

まとめるとこんな実態があるようです。

 

冒頭で、砂糖は私たち人間にとってかなり

強い毒だ、ということをいったとおもいますが

そもそも人間の体というのは砂糖を受け入れ

る機能自体が備わっていないのだそうです。

 

体内に入った砂糖はいくつかの化学変化を

起こした後、粥状硬化(じゅくじょうこうか)

いう過程を経て血液をドロドロに濁した挙句

に血管を詰まらせます。

 

そして、血管が詰まると次第に筋肉は冷えて

硬くなってしまうのです。

また、体内で糖化が進行すると活性酸素が

生まれて身体を錆びつかせ、細胞レベルで

身体を蝕(むしば)んでいきます。

 

中には、甘いものを摂ると身体がすっきり

軽くなったり、イライラや不安が落ち着いて

くる、という人もいますがこれは砂糖による

一種のドーピング作用だよいえるでしょう。

 

必ずその後何らかの反動がくるはずです。

 

私は今、フリーの整体師として出張整体の

活動をしているのですが、施術後に毎回

コーヒーと甘いお菓子を出してくれるお宅が

あります。

 

それがどれも美味しくてつい油断して食べ

過ぎてしまうと、その後得体の知れない情緒

不安定や全身倦怠感に襲われてしまうので

半分はその場で頂いて残りは家族へお土産

として頂くことにしています。

 

この経験から、砂糖は特にカフェインを多く

含むコーヒーと合わせて食べると、それらの

反応に拍車をかけてしまうようだということが

体感として判りました。

 

ここで1つ、砂糖を絶ったことで、ずっと長年

悩まされてきた肩こりと腰痛が軽くなった!

という実際のケースをご紹介します。

 

2年ほど前になりますが、私が担当した患者

さまの中で、身体の歪みはもうほとんど取れ

て猫背と撫で肩もきれいに整ったというの

に、なかなかメインの症状である肩こりと

腰痛が抜けないでいる患者さんがいらっしゃ

いました。

 

彼女は日頃、営業職でバリバリ働くキャリア

ウーマンといった感じの女性でしたが、

その忙しさとひとり暮らしという環境も相まっ

てなかなかの偏った食生活を送っていまし

た。

 

生活習慣についてじっくりお話を聞いている

中で特に気になったのが、彼女が毎日習慣

のように飲んでいるという缶コーヒー(砂糖

&ミルクたっぷり系)の本数・・

 

酷い時は、朝夜合わせて15,6本空ける

こともあるそうで、自宅にはお気に入りの

銘柄を箱買いして常備しているほど・・

ちなみに、ブラック無糖以外の缶コーヒー

(微糖)には、平均して角砂糖5個分くらいの

砂糖が入っているといわれています

 

他に症状の要因が思い当たらなかった私は

砂糖の危険性についてお話した上で、1週

間だけ缶コーヒーを控えてもらうよう提案

したところ

 

断食ならぬ『断缶コーヒー?』3日目の午後

あたりから、何となく身体が軽くなり始め

1週間を経過する頃には、来院当初のつら

さが半減されるまでに落ち着いたとのこと。

 

その後、無理のない程度に缶コーヒーと

砂糖を節制する生活を目指してもらいまし

た。それからほどなくこの患者さんは院に

見えなくなりましたが、きっと元気に活躍さ

れていることとおもいます。

 

この一件については、正直私も驚きましたが

ふだん習慣のように口しているものを断って

みることで、これほど顕著に結果が出ること

があるんだな・・と、改めて『食』が身体に与

える影響力の大きさに気付かされたケース

でした。

 

また、直接私の患者さんではないのですが

毎日コーヒーを飲むたびに入れていた

フレッシュを断ったことで、整形外科では

原因不明といわれた腰痛が消えた、という

方がいたと、知人の先生から聞かされたこと

があります。

 

フレッシュは一見ミルクのようですが

実際は脂・砂糖・乳化剤などの食品添加物

からなるほぼ合成甘味料のようなものなの

で、やはり身体にはNGです・・セになって

しまう魔力を持っているので摂り過ぎに注意

しましょう。

 

さて、自身の実体験と施術現場でのケース

も交えてお話してきましたがいかがでしたで

しょうか??

 

日頃の姿勢や長時間のPC作業の他にも

ふだん何気なく飲み食いする物の中に肩こ

りの犯人がひそんでいたりするんですね。

 

しつこい慢性肩こり・・何を試してみても

ダメならこれを機にあなたも「糖質生活」

はじめてみませんか^^

sponsored link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ