肩こり頭痛に効くおすすめの薬とは!?

ドラッグストアに行っても、みんな似たり

寄ったりの商品で、どれが一番効くのか判ら

ない・・こんなとき何で見極めればいいの!?

sponsored link

【対症療法だって大事!】

よく『薬はただのその場しのぎでしかない

から頼らないほうがいいよ』という声があ

りますが、たしかに薬だけでは根本的な

解決にはなりません。

 

しかし、耐えられないほどツラいのであれば

応急処置として一時的に症状を緩和させる

ことは大切なことだとおもっています。

 

今ツラいんだから今なんとかしたいわけ

ですから。

 

でも、どれだけ大々的に『肩こりに効く!』

と謳われても、数ある商品の中からいったい

どれを手に取ればよいのか判断に困るもので

す。結局何が一番おすすめなのでしょうか。

【市販薬の中でどれが一番効くの??】

大手通販サイト数社の売上ランキング

ユーザーによる商品レビュー

口コミ掲示板  など

 

多方面から洗いざらい調べあげてみました

が結論からいうと、誰にでもおすすめできる

コレ!という商品は見つかりませんでした。

 

大手通販サイトの売り上げランキングを見て

も、あるサイトでは1位だった商品が、別の

サイトでは10位前後だったり

 

またあるサイトでは圏外だったものがとある

サイトでは堂々の1位を獲得していたりと・・。

 

売上ランキングで順位が高ければその商品は

良い!と錯覚しがちですが、運営サイトによ

って、ひいきのメーカーがあったり、そのと

きプッシュしたい商品はまちまちなので広告

の打ち方によって売り上げは操作できます。

 

サッカーや野球のクラブ順位表のように、

必ずしも実力で順位が決まるわけではない

のです。

 

個人的なユーザーレビューも何十ページにも

わたって目を通しましたが、どんなに名店と

いわれるラーメン屋さんでも、その人の好み

によって評価が違うのと同じで

 

いくら優れた有効成分が含まれていると謳わ

れていても、その方の体質や、含有成分に対

する感受性によって効き方に誤差が生じるは

なので、一概にはいえないものなのです。

 

どうしても肩こりがツラいと、藁をも掴む想

いで人気ランキングやその他掲示板などに

すがりたくなるお気持ちはとてもよくわかりま

す。

 

ただ、それに目を奪われ過ぎてしまうと、

かえって混乱を招いてしまいかねません。

あくまでひとつの参考としてとどめて

おくのが無難でしょう。

sponsored link


 【コレは試す価値ありかも・・?】

ただ、そんな中で強いていうとすれば

カサイセンA錠という商品。

 

筋肉や腱、靭帯を柔らかくしたり、体内に

溜まった疲労物質や老廃物を排出させる

作用があるそうで、肩こりだけでなく

五十肩・その他関節痛にも効果を発揮する

という、タイが製造元の漢方薬。

 

どれも賛否両論、一長一短の商品レビュー

の中でうんざりしてしまっていたとき、比較的

よく名前(と好感触な声)が挙がっていたのが

コレでした。

 

8日分で3400円と、やや高額なのが難点

なのと、私自身が試したわけではないので

直々におすすめはできないのですが

どうしても他の商品との毛色の違いを感じざ

るを得なかったので、報告までにとどめたい

とおもいます。

カサイセンA錠HPはこちら

【良い商品の簡単な見極め方とは】

あまりにもシンプルなアドバイスではありま

すが、少しでも効果を実感できる可能性を高

めたいのであれば、つい躊躇したくなったと

しても、できる限り高価格に設定されている

商品を選ぶことをおすすめします。

 

ファストフードと同じで、過剰に低価格で売

られているものというのは、基本的にそれだ

けのもの(品質)しか入っていません。

 

だからそのくらいの価格設定で提供できるわ

けで、本当に良質なものを使っているのなら、

そもそもそんなに安くできるはずがないので

す。

関連記事:『ファストフードと肩こりとの関係』

 

上で紹介したカサイセンAが高額なのもこう

いった理由からだとおもいます。

 

これは、肩こり用の薬に限った話ではないで

すが、高いものには高いなりの理由が、安い

ものには安いものなりの理由が在るはずです

ので、少なくとも私がふだん何か商品を選ぶ

ときは、これを一番の判断軸にしています。

【最後にひとこと】

ただ、どれだけその薬が優れたものであって

も、それを使い続けることで身体に耐性が出

来て効きづらくなってしまいます。

 

なので、薬というものは、本当の意味で肩こ

りを治す上での補完処置として上手く付き合

いながら、いずれ少しづつ手放していけるよ

うに根本的なケアを取り入れて行きましょう。

sponsored link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ