眼鏡の選び方が頭痛・吐き気・肩こりの原因に!?安いランキングに惑わされるなッ!

あなたがかけているそのメガネ・・

本当に合っていますか??

sponsored link

ここでまとめるのは、実際の現場で沢山の

患者さまの対応をしていく中で解った事、

私自身の数年に及ぶ肩こりを克服する過程

で得た知識をお伝えしていくので

 

本やテレビなどでは知り得ないこともあるか

と思います。楽しみにしていてください^^

 

あなたにとって「もしかしてこれかも!」

というのが見つかるかもしれません。

 

私の実体験と現場での研究結果がお役に

立つことを願います。

 

では今回は・・

【番外編 メガネ】というテーマでお届けします

【あなたのメガネ、本当に合ったものを使えていますか?】

何の疑いもなく付き合っているメガネとの

相性・・

 

巷だと、PC作業時の姿勢だ、筋肉の運動

不足だと謳われているので、皆さんそちらに

フォーカスして頑張りがちですが意外とこれ

が盲点だったりします。

 

私が施術を担当した患者さん(Hさん 35

職業:SE)のケースです。

この方は、普段、都内のIT関連企業で、

5日毎日12時間、PCと向き合いながら

の生活を送っておられ典型的な

「悪い姿勢のまま作業し続けることで起こる肩こり」

のケースでした。

 

初診時は、あまりの肩凝りでめまいや吐き気

頭痛を併発し『とにかくもう限界だから何とか

してくれ!』という、藁をもすがる感じでみえ

たことをよく覚えています。

私は骨盤を中心とする身体の歪みをリセット

するタイプの整体師なのですが、だいたい

6回ほどの施術で状態は安定してくる患者

さんが多いです。

 

そして、組織の損傷や石灰沈着等の疑いも

なくスムーズにいけば、その後は月2

程度のメンテナンスの段階に入れます。

 

が・・

Hさんの場合、施術直後は楽になるのです

が次の日の午後ともなると、本人曰く

「ブーメランの原理かのようにまた辛い症状

が戻ってしまう・・」

という状態がしばらく続きました。

 

sponsored link


その後も、PC作業時の姿勢・セルフケアの

体操、入浴等、伝えられることはすべて伝え

実践してもらっていたのですが経過は思わし

くない。

 

これはメンタルのほうを疑う必要があるか

もな・・とおもっていた矢先、ふと気が付いた

のがHさんが日頃かけている眼鏡でした。

 

パッと見からかなり年季が入っているのが

見て取れたので、どのくらい同じレンズを

使っているのか尋ねたところ、なんと10

近く何のメンテナンスも受けないまま毎日

使い続けていたとのこと。

 

すぐに眼科で視力検査をかねた定期健診

に行ってもらったところ、今のHさんの目の

コンディションに対して、まったく見当違いの

度数のレンズを使っていることが判明。

 

というより、毎日の激務で進行し続けたHさ

んの視力にレンズが追い付いていなかった

というのが正しい表現でしょう。

 

そして、その日のうちにフレームから新しく

加工してもらって、後日新しい眼鏡で仕事に

取り掛かったところ、封印でも解かれたかの

ように肩も頭も軽くなり、頭痛も吐き気もなく

楽に過ごせるようになったとのこと。

 

私も家ではメガネで過ごしていて、半年に

一度コンタクトを貰いに行くついでに何となく

メンテナンスしてもらっていたのですが

(メガネは、故障や半ば気分転換で2,3年に

一度の頻度で換えていました)その大切さを

痛感させられたケースでした。

 

また、ふだんお世話になっている担当医に

尋ねたところ、レンズの調整だけでなく、ネジ

のゆるみや鼻を受けて支える部分(名前解ら

ない・・)のセットポイントも重要なんだそう

です。

 

結局それがフィットしていないと眼球に余計

な負担を強いる事になるからです。

 

何を試してみてもなお、強い凝りがぶり返し

てしまうのであれば、もしかしたら日頃あな

たが付けているメガネとの相性が原因なの

かもしれません。

 

ただし!

基本はきっちり身体の歪みと凝りをリセット

し正常なバランスで身体を使えるようになる

こと。

そして、血液の循環を良くしてあげることが

大切です。

 

質の良い血液がめぐることで硬まった筋肉は温ま

り、もとの柔軟性を復元してくれます。

sponsored link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ