眼精疲労からくる肩こり、頭痛、吐き気の解消法とは!?

目が疲れると肩が凝るってホント!?
そう、両者の間には意外な関係性が隠れて
いたのです。

sponsored link

【眼精疲労からくる肩こり】

「どうして眼精疲労で肩こりなんだよ!」と
いう声が聞こえてきそうですが、実は両者は
密接に関わっています。専門用語はなるべく
省いてお話しますね。まず、目というのはそれだけが独立して動い
ているわけではありません。その目にくっついている複数の筋肉によって
動かされていて、それらは首~肩までつなが
っています。(ただし、一直線の筋肉としてで
はありませんよ)

また、同じく目にくっついている視神経とい
うのも、頭部の奥深くまで伸びて、その下の
首、肩の神経とも関わっています。

だから、目を酷使して硬まってしまうと、
そこを出発点として緊張が肩のほうまで伝わ
ってしまうというわけです。

例えるなら交通渋滞のようなものでしょう。

とおく離れた場所で起きた事故や交通規制の
影響が、結果的に何キロも離れた距離まで効
いてしまう、というのとイメージは似ている
でしょう。実際、施術の現場でそのようなケースを何十例とみてきましたので確信を持ってお伝えでき
ますが、極論、身体というのは、全身タイツ
のように足の先から頭まですべてが繋がって
いて、それぞれが影響を与え合っています。

足指の使い過ぎで股関節が硬くなることも
あるし、骨盤の歪みや足首の硬さが肩こりに
なることだってあり得ます。もうひとつ例えを挙げると今あなたがいる
部屋のライトをみてみてください。実際に明かりが点るのは手の届かない天井の
電球(今はLEDですか)の部分かもしれま
せんが、その明かりを付けるのは、そこから
離れた距離にあるドア付近のスイッチのはず
ですね。

このふたつの間は基本的には配線でつながっ
ているから

「離れていてもスイッチを入れれば明かりが
付く」の関係性が成り立っているわけです。

肩を揉んでもらっても、次の日にはすぐぶり
返してしまうのはそういうことです。つまり・・ 肩こりというのは結果的にそこが
反応しているだけで(電球が光る)その引き金(スイッチ)は、また別の場所に
ひそんでいるケースが往々にしてある、とい
うことなのです。

【1番大きな眼精疲労の原因とは?】

では、日常生活の中で最も眼精疲労を強く
引き起こす場面とは一体なんでしょうか?言わずもがなではありますが、やはりPC
作業だと私は考えています。大小無数の文字を追いかけ、画面から放たれ
る何十にも及ぶ色彩の光を受け、至近距離で
強い電磁波を浴び続ける。

普段生活をしている中で、これ以上に目の
負担を強いる作業は思い浮かびません。

それに輪をかけ、メガネやコンタクトの度数
がいまの視力レベルに合っていないものを
使っていたとしたら、これはもう致命傷・・

1度、長時間PCと向かい合った後に、窓を
開けて外の緑を眺めてみて下さい。

満タンのガスボンベの栓が抜かれたかのよう
に、みるみる目や頭、首肩周りの緊張が解か
れてスーッと楽になっていくはずです。

文明の利器というのは、その利便性に反して
思わぬ副産物が隠れているから注意が必要
です・・

【正しい姿勢の維持はラクしてこそナンボ】

さて、目の疲れと肩こりの関係についてもう
一つ!

それは、目を使うときにとりやすい姿勢です

たとえば、PC作業のとき、キーボードを
打つ際、どうしても両肩が前へ出やすいです
よね。

すると、両肩が内側に巻かれる

それにつられて首が前のめりになる

背中も丸まり猫背になる

上半身の筋肉が緊張を起こしエリア一帯が
血行不良へ・・PC作業時の正しい姿勢に関しては解りやす
い情報が溢れているので、リンクをご覧くだ
さい。

ここでは、巷のマニュアルではあまり紹介さ
れていないけれど、ラクして効果大のPC
作業時のひと工夫をお伝えしますね。

とても簡単。。

バスタオルをご用意ください。

それを厚めに折って(10cm幅くらい)
尾てい骨と椅子の間に噛ませるだけ。
そうすることで骨盤が立ち、ラクにきれいな
姿勢を保つことができます。
そして、しばらくしてからそのタオルをシュ
ッと抜いてみて下さい。意識だけで正しい姿勢を維持することがいか
に大変か解るはずです。

私はめんどくさがりな性格な上、意思が弱い
ので、肩こりが酷いときから意識して姿勢を
正し続けるなんて到底出来っこありませんで
した。

だってそれ自体がストレスになってしまうん
ですもん・苦笑;

※このタオルケアのほかにも、おすすめでき
るアイテムはありますのでご興味ある方は
お問い合わせください^^

何か症状を良くしていきたいとき、まずは
こういう簡単でラクなことをやりましょう。

正しい姿勢をとらなきゃならないのは誰だっ
てわかっているし、本やネット、色んなとこ
ろに紹介されてるんだけれども、それを意識
してやり続けようとすると、その行為自体に
疲れて嫌になってしまうものです。

これだけ情報が溢れているにも関わらず、
依然として多くの人が肩こりに悩んでいると
いうことは、それが出来ていないということ

継続が難しい、ということの証拠ではないで
しょうか。

こういうことは、いかにラクして、気持ち良
くできるかがポイントになってきます。

逆説的ではありますが、それがある意味物事
を続ける上で一番健全な動機付けとなり、
結果を得る為の近道だとおもうからです。

先行き不透明なこの国の動向・・
今後さらに経済的な負担も増し、肩が辛くて
も実費で治療院等に通い切れない、お金をま
わせない・・

そんな現実に当たることが予想されます。

そして、これからは一人ひとりが自分の身体
に責任を持ち、自身の身体を自身でケアでき
る【正しい武器】を身に付けることが求めら
れる時代になってくると考えています。
都内近郊にお住まいの方で
その場しのぎのマッサージや薬はもう卒業
して、自分自身で身体の不調と縁を切る武器
を身に付けたい!
という方は、コメント欄よりご相談下さい。
代替療法の最大のネックである実費負担を
大幅に軽減した料金システム(一般の整体院
の約半額)を採用しておりますので、安心し
て通院して頂くことが可能です。
また、私を通して頂ければ、初回の施術料
(初見料も含む)が無料になりますので、
いま抱えている不安等のご相談も含めて
一度お問合せ下さい^^
HPと合わせて詳細にお応えいたします。
※その他、どこへ行っても楽にならない
首痛・ひざ痛・不眠・頭痛・吐き気などの
諸症状にも無痛の施術で高い効果を得られ
ますのでご安心ください。

sponsored link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ